レディース/カテゴリー メンズ/カテゴリー [MENYA.fabric]レンタルきものサービス instagram face book[MENYA.fabric] twitter お客様の声 ショップブログ きもの すずき(オフィシャル) コンセプト[MENYA.fabric]

着付け

木綿付帯の着付けのご説明


付帯の着付け方説明


付帯着付け/その(1)

付帯着付け/その(2)

 

前板を装着します

 
■着物の上前、下前の合わせを整え腰紐で締めたのち、前板を装着します。帯板の幅や堅さはお好みです。着物初心者の方はベルト付きのものを選ぶときっちりとしますのでおすすめです。
 
 

前板を巻きつけます

 
■前が2重になるように、生地のハギ部分の位置調整をしながら巻き付けます。
 

付帯の着付け(1)

付帯の着付け(2)


付帯着付け/その(3)

付帯着付け/その(4)

 

前帯の背部分を調整します

 
■前帯部分を2重巻きにしたら、お太鼓を乗せる前に紐で締めて調整します。あまった紐は帯の中に隠します。
 
 

帯まくら・帯あげの使い方

 
■普段着の着物ですので、帯枕はあまりお太鼓が高くならない程度のものをおすすめします。紐が付いていないものをお使いの場合は、縛れる程度の長さにガーゼの生地で包みましょう。帯揚げも着物コーディネートの大きなポイントです。着物や帯の同系色より、全体のバランスを考えて差し色を合わせるとセンスが光ます。
 

付帯の着付け(3)

付帯の着付け(2)


付帯着付け/その(5)

付帯着付け/その(6)

 

帯枕を帯揚げで包みます

 
■帯揚げを半分に折り、中心に帯枕がくるように包みます。
 
 

包んだ帯揚げをお太鼓に通します

 
■折った帯揚げの和部分を上に向け、帯揚げが左右均等な長さになるよう、お太鼓部分を通します。
 

付帯の着付け(5)

付帯の着付け(6)


付帯着付け/その(7)

付帯着付け/その(8)

 

帯枕の紐部分で調整します

 
■帯揚げはそのままに、帯枕の紐部分を延ばします。
 
 

帯枕の紐できっちりと縛ります

 
■お太鼓の位置を確認したら、帯枕の紐でずれないなように縛ります。紐は帯の中に隠します。
 

付帯の着付け(7)

付帯の着付け(8)


付帯着付け/その(9)

付帯着付け/その(10)

 

帯揚げを縛ります

 
■帯揚げの柄の出方を考えて、帯揚げを綺麗に結びます。
 
 

帯揚げの形を整えます

 
■はみ出た帯揚げを帯の中に丁寧に挟みこみます。脇部分なども鏡で見て、きちんと整えましょう。
 
 

付帯の着付け(9)

付帯の着付け(10)


付帯着付け/その(11)

 
 

最後に帯締めを通します

 
■お太鼓の中に帯締めを通して形を整えます。帯締めも着物のお洒落を楽しむための大きなポイントです。前面に出る帯締めは、三部や四部紐に個性的な帯金を使ったりと凝りだすと奥の深い楽しみになります。いろいろと挑戦してみましょう!
 
 

付帯の着付け(11)

 

簡単着付けの出来あがり!

 

付帯の着付け(12)付帯の着付け(13)付帯の着付け(14)


ページトップへ